スワップ金利で毎日お金がもらえるFXの魅力?

hi88liu初心者の方にとっては、スワップ金利という言葉は聞きなれないかもしれません。しかしFXとはとはスワップとも言われるくらい重要なので、スワップ金利とは何か、なぜまたどのようにお金がもらえるのかについて解説します。スワップ金利とは、組み合わせた2つの通貨ペアの通貨間の金利差から生まれる損益のことです。近年の日本の銀行では超低金利政策の影響で、銀行口座に預金をしていてもわずかな利子しかつきません。ところがFXに金利の高い通貨を保有していると、年間3~5%のお金を受け取ることができるという魅力があります。それぞれの国によって異なる通貨を、同じ価値の分だけ銀行に預けても金利が違ってくることがありますから、しっかりとスワップ金利の仕組みを理解していたいと思います。

このスワップ金利でお金をもらえるのはFX取引きを行なう大きな魅力の一つであり、通貨を保有しているだけで毎日お金がお金を生んでいる状態で多くの投資家から注目されています。ではスワップ金利はどのように計算して、どのようにもらえるのでしょうか。すでに述べたように、スワップ金利とは組み合わせた2つの通貨ペアの金利差から生まれる損益のことです。例えば、「豪ドル」の計算方法を一例にあげてみましょう。2013年11月の時点で、豪ドルの金利は2.5%で、日本の金利は0.1%です。この2つの通貨ペアの金利差は2.4%になります。明らかに、日本よりもオーストラリアにお金を預けた方が、年間で2.4%も得になることが分かります。1日のスワップ金利は、金利差と「豪ドル/円」の為替レートから計算することができます。例えば、豪ドルのレートが約90円の場合、90円×1万通貨×2.4%÷365=59.18という計算式に当てはめて計算することができ、1日当たり約60円のスワップ金利を受け取ることができることが分かります。上記の計算式からも分かるように、為替レートの変動に応じてスワップ金利も大きく変わってきます。また金利が変わってもすぐに変動しますから、スワップ金利は毎日変動することになります。

気をつけなければならないのは、金融危機が起こった時にスワップ金利も大きく下がることがあるという点です。たとえば為替レートが暴落したり、金融危機で政策金利が引き下げられると、スワップ金利が大きく下落する要因となり逆にマイナス状態が起きることがあります。このバイナリーオプションとFXがまとめられているページにもあります。これまでずっとスワップ金利をもらえていたのに、金融危機や為替レートの暴落が原因で金利差がマイナスになってしまい、逆に金利を支払う必要が生じることもありますから注意したいと思います。毎日のようにスワップ金利をもらえるのは、FX取引きの大きな魅力の一つです。毎日のようにスワップ金利がつきますが、休日をはさむ時には休日明けにまとめてもらえることが多くあります。年末年始やゴールデンウィークの休みの後で金利が一気にもらえたり、金~日曜日の3日分を水曜日に受け取れたりするすることがあります。