FXの入門書に見られる落とし穴

hi88kFXを始める時には誰でも頑張って利益を出そうと張り切っているものですが、実際には大きく損失を出してしまう初心者の方がいるのも事実です。それでFXの入門書を見ると、実践する前にまずはしっかりとバーチャルトレードをして練習するように勧めるものが多くみられます。もちろん、FXの初心者が何の知識も経験もなく挑戦しても、お金を飲まれて損失を出してしまうことの方が多いのは確かです。FXで最初から安定して上手に儲けていくのは決して容易なことではありません。とはいえ、しっかりとバーチャルトレードをすれば失敗しないのかというと決してそうではありません。なぜなら本当のお金ではないので、大きく損失を出しても全く痛みを感じることがなく、緊張感のない遊び半分の取引きになってしまう傾向があります。

外資系FXの本を読んで取引方法の基本や概要を学んだ後は、すぐに実際のお金で為替市場の取引きを実践してみるほうが、本当の意味で緊張感を味わい経験が身につきます。もちろん最初から利益を出すことは難しく、損失を出してしまうことを覚悟で取引きを始めるので、まずは1万通貨を限度として試すようにしましょう。限度額を決めて練習体験を行うことで、大きな損失とはならずに貴重な経験を積むことができます。1円の値動きで1万円も損失を出しますから安くはありませんが、今後に儲けを出すための勉強と思えば、とにかく実践してみる価値は十分にあります。

FXの取引きを行なう上で大切な鉄則は「損小利大(損失を最小限に抑え、利益を大きくとる)」や「ロスカットの重要性」です。本で読んで頭で理解するのは簡単に思えますが、実際に取引きを始めてみるととても難しい事が分かります。大きな損失を出して初めて、二つの鉄則がなぜ重要なのかが体験として身にしみて分かると思います。とにかく実践して経験を積む際の約束事は、限度額を1万通貨に決めて取引きをすること、ロスカットの重要性を学ぶという点です。ともかく実践してみることで、いい勉強になると思います。

 ・FXランキングで安定して利益を出すためにしっかりと勉強をしましょう。

投資で稼いでいる人を見ると、「楽して稼げていいな」と感じることがあるかもしれませんが、それは大きな勘違いです。投資で稼ぐためには、知識や経験、時間や労力が必要です。またいつでも大きな損失を被ってしまうリスクも負っています。投資家たちが決して楽して稼いでいるわけではないことを知っておきましょう。実際には逆で楽して稼ごうと考えている人は、投資家として継続していくことは不可能だと言えます。投資で成功するためには、しっかりと勉強をして経験を積むこと、それでも失敗すればさらに勉強して実践する、この繰り返しをする必要があります。

FXの取引きでは勉強して実践しても大きな損失を被ってしまうことがありますから、決して楽な商売ではありません。それぞれが勉強方法や取引方法を工夫して、投資家として大きな努力と時間をかけて成功することができます。投資を始めた人のうち、一年後に生き残っているのは約1~2割と言われています。楽して稼ごうと思っている人や、勉強や継続に自信がない人は途中で退場を余儀なくされることは目に見えていますから、投資に手を出さないほうがよいかもしれません。