外貨通貨の特徴を知る事は取引を有利にする

hi88jkuy資源国通貨の動きを予想するには外貨取引する場合、外貨通貨の特徴を知る事は取引を有利にします。外貨はその国の経済を知る事がもっとも大切になってきます。

例としてカナダの通貨、カナダドルとカナダの経済についてまとめます。カナダはエネルギー資源が豊富で世界第二位の国土面積を持ちます。このように資源が豊富な国の通貨を一般的に「資源国通貨」といいます。カナダドルと同じように資源国通貨として他にあげられるのは、豪ドルやノルウェークローネなどあります。豪ドルは日本のFX初めて投資家にとっても知名度は高いと思います。

今回紹介するカナダドルの表記はCADで、日本ではキャンドルと呼ばれる事もあります。豪ドルと同じように知名度が高い通貨の一つです。カナダの経済を知るには、まず米国との関連性を把握する事が重要です。地図でも確認出来るように隣接している国は、互いの経済効果が連動します。

カナダにとって取引する国として第一に米国があがります。データでは2011年にカナダから米国に輸出が73%、米国からの輸入が50%と非常に高く、密接な関係が考えられます。しかも対外直接投資も米国が40%占めている状態です。

Web Relate: 通貨取引.com

これだけの密接関係であれば、カナダの経済は米国によって大きな影響を受ける状態にある事を示します。実際に金利政策も米国に足並みを揃えるような傾向があります。カナダ自身が貿易特に輸出に依存しているためでもあるでしょう。カナダドルの動きには米国の経済が絡む場合もある事が予想されます。

次にカナダはエネルギー資源が豊富な事もポイントになります。エネルギー資源、特に天然ガスの価格が動くとカナダドルの相場に影響が出ます。例えばエネルギー資源会社が買収される事もあり、その場合はカナダドルで買収されるので、

カナダドル高になる傾向があります。もし買収される事が多くなると、よりカナダドル高の動きになるでしょう。カナダは元々経済が安定していました。しかし各国でも受けたサブプライム問題によって、2009年には経済成長に赤字が出るようになりました。現在も回復の兆しが見えているものの、赤字は消えていないので、過去のような安定感は見せていません。

このように

1)米国の経済の影響が大きい

2)エネルギー資源の買収によってカナダドル高の傾向がある

3) 過去ほどの安定感を見せていない

とまとめる事が出来ます。FX 必勝法には特徴を把握してカナダドルの動きに注意しましょう。